本年度の活動について

例年であれば、定期的に鉄道模型運転会を実施しましょうということになっていたかと思いますが、今年はコロナ禍でなかなかそうもいかない状況です。

一度、会員のみで簡易な運転会を実施しましたが、今のところ会としての活動としてほぼ決まっているのは、11月に予定しているイベントへの出展となります。

こちらについては、詳細が決まりましたら改めてご連絡させていただきます。

ご無沙汰しております

昨年の安平町でのイベントから、他の企画の打診もあったのですが、コロナウイルスの感染拡大がありイベント自体がキャンセルとなっておりました。

緊急事態宣言は解除されましたが、まだ一般公開をできる状態にはないと考えております。
次回イベントが決まりましたら、こちらで報告させていただきますので、それまでお待ちいただければと思います。

鉄道模型関連では、昨年末に札幌市東区にありました、「トイメイツ」が閉店してしまい、ジオラマ用品の調達先が減っておりました。
また、今週末には、ポポンデッタ札幌イケウチ店も閉店し、7月にジュンク堂書店の地下に移転するとか。

そんな中、今月札幌市厚別区のトライアル厚別店内に「タムタム札幌店」がオープンしました。
札幌市内での鉄道模型の取り扱いとしては、一番多いのではないでしょうか。
ジオラマ用品も数多くあり、一安心しております。

鉄道模型運転会を計画中です

岩見沢の711系車内での運転会からすっかりご無沙汰しておりました。
しばらく運転会も開催しておりませんでしたので、11月に計画をしております。

詳細が分かりましたら、こちらでも告知させていただきます。
今回は岩見沢での開催ではございません。
場所につきましても、お楽しみを。

鉄道模型運転会開催のお知らせ



8月11日(日曜日)に岩見沢市上幌にあります、大地のテラス敷地内にあります711系電車(赤電)の中で、鉄道模型の運転会を開催します。

当倶楽部初の試みとなりますので、手探りなところはありますが、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

日時:令和元年8月11日(日曜日) 10:30頃~17:00
場所:岩見沢市上幌 大地のテラス敷地内 711系電車(赤電)車内
主催:札幌急行鉄道模型倶楽部

札幌急行鉄道模型倶楽部とは。

札幌急行鉄道模型倶楽部(Sapporo Express Railway Model Club)

【なぜ、「札幌急行鉄道」という名前なのか。】
その昔、定山渓鉄道と夕張鉄道を接続させようという動きがありました。「札幌急行鉄道」を設立して、札幌~上江別間を新規開設し、定山渓から夕張までをつなぐ計画でした。
結果として、投資効果が薄いということで設立はされず幻として終わりました。
ただ、壮大な夢をもって実現に向けて取り組んでいくという気持ちは大切だと思っています。
鉄道模型にも様々な分野があります。ライトな趣味の方から、様々なことに精通された方まで。
そのようないろいろな方が緩い感じでつながり、そして同じ趣味をさらに楽しくしていければと思い、この模型倶楽部を設立し、命名しました。

【どんな活動をするのか】
メンバーの交流の基本はFaceBookのグループを活用しております。
鉄道模型が好きな人たちがワイワイできる場所。

その中では、個々人の活動を尊重します。
・鉄道模型の完成品をたくさん集めるでもよし。
・車両工作を行うもよし。
・ジオラマ制作を行うもよし。
・たまにみんなで集まってのんびり運転会を行うもよし。

ゆくゆくは、みなさんの鉄道模型を広く発表する場に参加できてもいいのかなと思っております。

ご挨拶

札幌急行鉄道模型倶楽部のブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。
こちらでは、当模型倶楽部の活動状況をお知らせしていければと思っております。